スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山中伸弥の講演、初任給をもらう

10月28日(水)

9時からトロント大学ホールでガードナー国際賞という、受賞者の1/4くらいがノーベル賞をとっている国際的な医学賞の受賞者講演があった。
最初の演者は京大の山中伸弥教授だったので、雨の中、聴きに行ってきた。山中教授はips細胞を世界で初めて作った人で、40歳ちょっとと若いが、トロント大学の学生や研究者の間でもすでに有名な世界的科学者である。
講演も初心者でもわかりやすい内容でところどころにジョークが織り交ぜてあり、面白かった。英語はあまりうまくなかったが、みんな熱心に聞いていた。英語が下手でも、重要なことであればこっちのひとはなんとか聞こうとするので、偉い人は英語が下手でもいいかもしれないと思った。

さて、今日は初めて給料をもらった。秘書が「it's pay day」といいながら給料明細を配って回っているのは日本ではあまり見ない風景と思う。こちらは2週間ごとの給料なので、約10万円だった。僕のラボには日本人が6人いるが、ほとんどの人は給料をもらってないので、最初から給料をもらえてほんとに良かった。でも、月20万円では生活に困るので、できるだけ倹約していこうと思う。
今日でシチューがなくなったので、今週末はまたカレーを作る予定です。

夜はワールドシリーズとNBAがあったので、見るのに忙しかった。
スポンサーサイト

ケンジントンマーケットで食材を買う

10月24日(土) 曇り ちょっとだけ寒い

朝からトロントの台所といわれているケンジントンマーケットに行ってきた。
もらった超特大ガラガラ(おばあちゃんとかが買い物に使うリヤカーみたいなやつ)を文字通りがらがらと引きながら30分ほど歩いた。途中rierson universityとかいう大学の構内を歩いたが、紅葉がとてもきれいだった。何人かの若者がブレイクダンスみたいな踊りの練習をしていた。
ケンジントンマーケットは巨大な倉庫みたいな建物が二つあり、中には野菜や肉や魚や酒、その他もろもろの食材をあつかった店がぎっしりと詰まっている。野菜とかは道端にも露店がいっぱいでている。はっきりいってすごい混み合っていて大渋滞している。そんなとこに超特大リヤカーを引いていったので、ものすごい迷惑だった。他にもリヤカーひいてるおばちゃんはいたが、僕のが一番大きかった。

ジャガイモやタマネギ、ブロッコリーなどの野菜(カレーとシチューしかまだ作れない)、リンゴ、バナナなどを買った。マーケット内でやっと酒場を見つけたので、ワインとビールを買った。ビールはカナダ産だけでなくて世界中のものがあり、日本のもあった。チェコ産など少しずついろいろ買ってみたので飲み比べるのが楽しみである。350mlで1.5~2ドルくらいだから日本の発泡酒くらいと思う。

肉も売っていたけど、ものすごくたくさん種類があってどれを買っていいのかまるで分からない。
魚は種類はあまりなく、サーモンばっかり並んでいる。一個くらい買ってみようとサーモンのステーキ状になっているのを買ってみた。一切れ(けっこう大きい)7ドルだった。これが高いのか安いのか判断できない。

帰りはちょっとしんどいのでストリートカーに乗ろうかと思ったけど、リヤカーがすごい重さになっていて、かかえられないことに気がついた。しょうがないから重くなったリヤカーをまたガラガラと引きながら30分以上かけて帰った。
でもこれでやっと家で酒が飲めるようになった。


10月25日(日)
ちょっと散歩に行った以外、一日中家でのんびりしていた。
夕方からシチューを作ったら、これまたものすごくうまくできてしまった。はっきり言って今まで食べたどのシチューにもひけをとらない気がする。
野菜切って、炒めて、圧力鍋に入れて、こくまろのルーをいれただけなんだけど・・・。
料理ってけっこう簡単だね。
ワインをちょっと飲んで、満足したのでもう寝ます。

OHIP申請、MLB観戦

10月22日(木) 晴れ 暖かい

午前中、運転免許証が届いたので、午後からOHIP(オンタリオ州の健康保険)申請にでかけた。
申請所は運転免許と一緒のところで、うちから歩いて2分である。研究室からもあるいて5分ととても便利。結構込んでいたが、受付から終了まで30分くらいであった。
これがあればここでの医療はすべてただになる。カナダではこの健康保険に入っていると(ちゃんと職があれば入れる)、医療費はすべてただである。内服薬のみお金がいるみたいだけど、その他、手術も出産も入院も全部ただになる。その分、消費税とかの税金が高いが、日本と比べてもかなりよいシステムであると考えられる。アメリカとは大違いで、カナダ人はみんなこの保険制度を自慢している。

保険申請でカナダでのいろいろな手続きはとりあえず終了した。あとは研究室でのオリエンテーションをいくつか残すのみ。これを終えないと実験ができない。ということで、実はまだ何にも仕事してません。もう一ヶ月になるのに。日本では考えられないことです。

20時からヤンキース対エンゼルスの試合を見に、何人かでスポーツバーに行ってみた。ビールとチキンウイングを食べながら、試合開始から終わりまで見てきた。松井がヒットを打ったけどヤンキースは惜しくも負けてしまった。帰ったらまた0時過ぎてました。

オリエンテーションなど

10月21日(水)

朝から研究室のオリエンテーションに出た。トロント大学で研究を始める人は全員受けないといけないオリエンテーションで月に1度くらい開催されている。
講義室で9時から16時半までみっちりと講義があった。途中休みはあるが、当然ながら全部英語でしかもすごく早口でしゃべるので半分も意味が分からん。スライドがあるからなんとかついて行けたけど。しかも終わりにはテストもある。なんと合格率85%。落ちたら補習まである。周りはほとんど英語ができる人ばかりなので、落ちるのは英語ができないやつか理解力が悪い人と思う。
あまり難しくはなかったけど、すごく心配です。

18時から研究室のメンバーが学位をとったお祝いに近くのバーに飲みに行った。これには教授も来られて、ちょっとした飲み会であった。

紅葉

10月20日(火) 晴れ 暖かい

今日のトロントは最高気温16度とコートのいらない暖かさだった。
午後、暇があったので大学の図書館まで図書カードを作りに行った。
大学は研究所の向かい側だが、ものすごく広いので歩いて20分くらいかかった。
大学といっても周りに柵とかはなく、街と一体化しており、道路も普通にあって車がビュンビュン走っている。
大学の建物はどれも石造りの重厚なもので、蔦で覆われていたりしてとても趣がある。さらに今は周りの木々が紅葉しており美しい。そこら辺で学生がギターをひいたり、マウンテンバイクで曲芸をしていたり、フリスビーをやっていたりして、歩いているだけで楽しい気分になる。散歩するにはちょうどいいところである。
図書館は一つの巨大なビルで、中では普通の大学の図書館のようにみんな自習したり、パソコンをいじったりしていた。IDカードは5分くらいで作れたので、購買部みたいなところをのぞいて、研究室に戻ってきた。

写真貼りたいんだけど、カメラの画像の容量が大きすぎてはれないんだよね。
そのうち何とかするよ。

ナイアガラ日帰り旅行

10月18日(日) 快晴 そんなに寒くない

起きたら快晴だったので、ナイアガラまで行ってみることにした。
トロントバスターミナル(歩いて5分)からバスに乗って約2時間でナイアガラに到着。そこから市内バスで10分くらいでナイアガラの滝に着く。
遠目にみると「なんかそんなにすごくないな」と思ったが、近くまでいくと大迫力。ナイアガラの滝は二つに分かれていて、アメリカ滝から遊歩道になっているところを歩いて15分、カナダ滝では滝が流れ落ちるところが間近で見える。ものすごい水量だった。
それから有名な霧の乙女号という遊覧船に乗って、滝の真下まで行ってきた。アメリカ滝の横を通り、カナダ滝まで来るとものすごい水しぶきが降ってくる。みなにポンチョが与えられるので、服はそれほど濡れないが、滝が眼前に迫り、爆音とともに水しぶきが降ってくると船内大興奮であった。いやあなかなかすごいアトラクションで楽しかった。
ナイアガラには橋がかかっており、対岸はもうアメリカである。橋を渡れば簡単にアメリカに入国できるが、あまり用もないので、今回は行かなかった。

滝をみながら露店で買ったホットドック(観光地なのですごく高い)を食べ、街をちょっと観光(街中が遊園地みたいになっている)して、バスで戻ってきた。
滝周囲の紅葉はもう一つであったが、楽しい日帰り旅行だった。

引越手伝い、昼からビール

10月17日(土) 快晴 あまり寒くない

今日は、同じラボの中国系カナダ人Jに引越の手伝いを頼まれたので、腰に少し不安があったが、手伝いに行った。他に4人の男(そのうち2人は屈強)も頼まれていたので、計6人で家の荷物をエレベーターで地下に運び、隣のコンドまでトラクターみたいなやつで運び、またエレベーターで運び上げた。Jは僕と同じコンドだったが、だいぶ広さが違った。さらに、隣の新しいコンドはすごく広くて、新築ということもあり、芸能人が住むようなところだった。家賃は1.5倍だが、かなりお得な物件と思う。

引越が終わったら、Jがビールを買ってきて、タイ料理屋から出前もとって、お疲れ様会を行った。このタイ料理がすごくおいしくて、ビールも昼から6人で7リットルくらい飲んでしまった。15時に家に着いたが、そのまま寝てしまって、19時に起きた。1日がもう終わってしまいました。

日本では素人だけで引越することはあまり考えられないけど、こちらではよくやるみたいだった。Jは奥さんがいるけど、二人とも20代で子供もいないため、大きな荷物もあまりなかった。

腰のストレッチを入念にしてから寝ます。

また飲み会いってもうた

10月13日(火) 晴れ 寒い

連休明けの今日は、午前中は病院の健康管理センターに行って、免疫状態を調べるために採血とツベルクリンテストを受けた。実験(細胞培養だけ)もちょこっとした。
午後はやっとコンピューター係の人が来てくれて、僕のパソコンをネットにつなげてくれた。
これがかなり複雑であり、とても自分ではできない。毎日やってるその人でも1時間半くらいかかった。なんでもセキュリティが厳重で、いろいろな関門をくぐらなくてはならないらしい。
とにかく、これでやっと職場でネットがつながった。
夕方帰ろうとしたら、またTさんからお誘いが。
7時から飲みに行ってしまい、帰ったらまた0時過ぎてた。

10月14日(水) 晴れ 少し寒い
8時に起きて、やや酒飲みすぎだったので、牛乳とイチゴだけで研究室へ。
家のドアから研究室の席までちょうど10分だった。
午前中は論文を読んだりして研究の準備をした。
銀行に行ってネットバンキングの手配もした。
昼はカンファレンスがある。昼食(ピザ)を食べながらカンファレンス。といってもまあ聞いてるだけ。
こちらはみんなどんどん質問するのかと思いきや、ボスとか偉い人しか質問・発言しない。日本と同じでがっかりする。
カンファレンスの終わりに新人の自己紹介がいきなりあった。最初は僕でちょっとあせったが、何回か練習してたのでスムーズにできた。新人は4人ほどいる。
夕食はこのあいだ作ったカレー。こくまろのルーを半分しか使っていなかったが、妻に聞いたところ全部使ってよいとのこと。どうりで味も色も薄いと思った。
全部入れて牛乳も入れてぐつぐつ煮込んだら、なんと、信じられないくらいうまかった。
料理に自信がついたよ。

初めての自炊

10月12日(月) 曇り やや寒い

今日は感謝祭のため、祝日だった。起きたら10時過ぎだったので、朝食に昨日買った卵を使って目玉焼きを作ってみた。これがトロントでの初料理であった。生卵は多少危険があるようなので、黄身がかたくなるまで焼いた。食パンもチーズをのせてチーズパンにして牛乳、バナナ、イチゴとかなり健康的な朝食をとった。

その後、家でごろごろしていたが、テレビがつくようになったので英語の勉強もかねてテレビをみることにした。ケーブルテレビに入っているため、50局以上うつる。でもはっきりいって選局に困る。ほとんどはなにかくだらない番組だが、映画もやっていてグリーンマイルを久しぶりに見た。セリフは全くわからないが内容は分かるので面白かった。でも字幕なしだとゆっくりしゃべっていても(あのでかい男は本当にゆっくりしゃべる)何言ってるのか皆目分からない。「ボース」しか聞き取れないので結構おちこんだ。こんなんで英語できるようになるのか真剣に不安である。

夕方からカレー作りを始めた。ニンジン、タマネギ、ジャガイモを皮むいて切って、炒めて、肉をいれて、圧力鍋にかけた。ルーをいれて煮込んで完成。カレー初めて自分で作ったが、簡単だった。ご飯もうまく炊けた。どこの米か分からないが、まあまあおいしかった。カレーはというと、水とルーのバランスが悪いのかちょっと薄かった。もう少し煮込めばうまくなると思う。納豆もいれて納豆カレーにして食べた。最初にしては上出来かと思う。
これでしばらく夕食はカレーでいけると思う。

ところで、カレーは何日くらいおいといていいのかね?
それと、ご飯炊いたら翌朝までは保温でおいとくのか、電源きるかどっちだっけ?

トロントアイランド散策

10月10日(土) 快晴 やや肌寒い程度

今日は連休初日であり天気もよかったので、トロントアイランドに行ってみた。家からハーバーフロントまで歩いて30分、そこから船に乗りオンタリオ湖に浮かぶ島まで約10分。あっという間についた。トロントアイランドは扇形の島で端から端まで10kmたらずの小さな島である。小さいと行っても港も三つあり、小さな飛行場まである。主に3つに分かれていて、センター島は自然公園になっている。芝生と木と池や水路があるだけののどかな公園である。島の反対側まで15分くらいぶらぶら歩くと、ビーチがあり、湖水浴場になっていた。湖だけど見渡す限りの水平線なのではっきりいって海と変わらない。波は穏やか。

隣の港まで3kmくらい散歩してみた。鴨がいたり、リスがいたり、白鳥がいたりする。途中でカフェにはいってサンドイッチなど食べ、ゆっくりした時間を過ごした。島内には幼稚園や小学校もあり、自然豊かな中で学べる。ハーバーフロントのコンドに住むと、子供は船で島の幼稚園に通うことができ、それが目的でハーバーフロントに住む日本人もいると聞いた。

家に帰ったあと、夕方知り合いの日本人宅へ食卓などの家具をもらいに行き、そのまま飲みに行った。日本食居酒屋に行き、チキン南蛮、鯖の塩焼き、揚げ出し豆腐、ラーメンなど食べたが、結構おいしかった。もう一軒はしごしてビールを飲み、帰ったらまた0時を過ぎてしまった。

10月11日(日) 晴れ かなり寒い

今日も天気がよかったので、地下鉄で15分くらいの韓国人街のスーパーへ買い出しに行った。ここは日本食がいっぱいおいてあって、キッコーマンの醤油や味塩こしょう、ミツカン味ぽん、追い鰹だし、こくまろカレー・シチュー、納豆、お茶漬け、ふりかけ、わさび、からし、七味唐辛子などを買った。日本のおかしやオロナミンCなんかも売ってる。全体的にやや高いが、まあしょうがない。お米も買ったので(どこの何米かわからん)、これから少しずつ自炊でもしようかね。
午後は家具の組み立てを行い、少し仕事をした。

特に何もない一日

10月9日(金) 小雨 寒くない

今日は午前中は文献の整理やらを行い、午後はまた実験の見学など行った。
あまり書くことないです。
夕食はまた研究所のフードコートでチキンカレーを食べて帰った(7ドル)。
明日から三連休(月曜は感謝祭)なので何しようか考え中。
家の片付けと料理と勉強と博物館にでもいくかなというところです。

免許申請、実験

朝からコンドからすぐ近くにある運転免許申請所にオンタリオ州の運転免許を申請に行った。30分くらい待ったが、日本より早くすぐにできた。受付が10個くらいあり、それぞれに視力検査器と写真が備えてある。会計もそこで行う。呼ばれたらその窓口で10分ほどですべてが終わる。すごく合理的なシステムである。日本みたいに写真で並んで、視力検査で並んで交付で並んでなんてことはない。5日くらいで送られてくるとのことで、一時的な免許カードをもらった。

その後、中国人の実験を見学していろいろと教えてもらった。実験してたのは4年も前のことなのでもうすっかり忘れている。一度みたらだいたい思い出せたのでよかった。これでいつでも実験始めれそうである。まだ何実験するか決めてないけど。

夜はまた地下鉄のフードコートで6ドルの野菜ヌードル食べて帰った。
ビールを飲みたいが飲めない。
なぜかというとカナダでは酒を売る場所が決まっていて(政府の管轄)日本みたいにどこでも買えないのだ。時間も決まっていて土日とかは昼間しか買えない。
さらにその酒屋があまりないので、どこにあるか分からないし、行くとものすごい数の人が並んでいるので、ひるんでしまって買えない。
だからまだうちにビールがない。
早く酒屋の場所をきいて買いに行きたい。

今週末は食材を買いに行って、ちょっと料理なども始めてみようかね。

飲み会など

10/6(火) 曇りのち雨 ちょっと寒い

午前中は豚の肺移植の見学を行った。初めて見たが、人間の手術と同じように動物手術室で全身麻酔をかけ行う。手技もほとんど同じでよいトレーニングになると思った。僕もそのうちやってみたい。

夕方、日本人留学生のうちに家具をもらいに行き、その後、日本人4人でチキンウイング(手羽先のこと)を食べに行った。これがものすごい人気の店で、20時頃に行ったら店の外まで並んでいる。大学生くらいが多かった。45分くらい待ち、席についてビールと手羽先を食べた。手羽先は辛さや味が色々えらべるんだけど、普通のからすごく辛いのまで色々頼んで、食べ比べをしてみた。だいたい日本の手羽先と同じで味もおいしいが、特別すごくおいしいというほどではなかった。ちなみに手羽先10本で7ドルくらいと安い。
テレビではアイスホッケーをやってて、学生たちが熱狂しながらみていて、そんななかでビールを飲みながら初対面の人たちと研究やスポーツ(みんなMLBの熱狂的なファンであった、デトロイトまで400km運転して球場にいったりしている)や人生の話しをするのは、かなり楽しい。
帰りは0時過ぎてしかも雨がふっており、歩き、バス、地下鉄と1時間くらいかけて帰ったので大変だった。トロントはアメリカと違って深夜でも大通りなら歩いても危険はないのがよい。僕はかなり心配だったが、他の日本人は全く心配ないといった感じだった。確かに0時過ぎても女の二人ずれとか普通に歩いていた。

10/7(水) 晴れ すがすがしい

午前中、トロントウエスタン病院にコンピューターの研修に行き、アカウントをもらった。これでラボのコンピューターからネットができるようになる。
昼はカンファレンスがあり、午後はMさんと今後の研究の打ち合わせを行い、地下鉄のフードコートでチャーハンを食べて帰宅。skypeのビデオがつながり、妻や子供の顔が見れるようになった。

IKEA家具搬入、引越

10/5(月) 晴れ さわやか

今日はIKEA家具搬入と引越の日。
どちらも日本ではありえない面倒さがある。
どういうことかというと、まず配送を頼んだ場合はエレベーターのbook(予約)が必要となる。
自分の住んでいるコンドのエレベーターだけど自由には使わせてもらえない。
これが結構大変で、当然他の人も予約したりするので土曜日とかすぐいっぱいになる。
今回、引越は月曜午後と決まっていたので、月曜午後を聞いたところ運良くあいていて予約できた。
ちなみに予約には保証金200ドルと使用料50ドルがいる。かなり高い。
月曜午後にIKEAの配達も同時にするとなると、IKEAは当日か翌日配達なので、日曜午後に行かなくては行けない。ということで昨日行ったのだ。
念のために月曜午前も予約しようとしたところすでに先約あり、しかもエレベーターの点検があり使えないとのこと。
まあ大丈夫と思っていたら9時にIKEAから電話があり10時から13時に持って行くと言う。それは困ると言ってもその時間しかだめだという。午後にしてと言っても聞く耳なし。エレベーターも予約してないし、使えないかもしれないと言ったら、では再配送になるからまたIKEAまで来て、配送料をもう一回払って、配送を頼めという。あまりにひどい。配送料も60ドル!!かかるし、IKEAは遠い。
こりゃまいったと思ったが、なんとかするから持ってきてくれと答えた。
すぐにコンドのセキュリティに行き、午前中に来るがなんとかならんかと交渉したところ、駐車するところはないし、エレベーターも先約と点検でどうにもならんが、持ってきたきに重ならなかったらいいよとのこと。IKEAが来るタイミングがいいことを祈りながら玄関でじっと待っていた。しばらくしてIKEA到着。駐車場がないので路上駐車するが、切符きられたら払ってくれと言われたが、とにかく荷物を下ろせといい、幸い点検もしていないので、すぐに荷物を下ろしてもらい、なんとか部屋まで運んでもらった。彼らは東欧系の二人組で、ものすごい怪力。僕にはひとつももてないような品物を8個ふたりでいっぺんに運んだ。彼らの腰はどうなっとるんか。ともかく一件落着。引越のほうはエレベーターの予約もしてあるので安心して待ち、13時過ぎに無事運び込んでもらった。よかったよかった。

夜はカナダ人二人と日本人四人で近くの高級ステーキハウスに食べに行った。
日本人はみんな10~14 OZの肉を頼んだが、外人はなんと二人とも24 OZ。
どんな肉が来るのかと思ったら、皿いっぱいの肉だった。すごいいきおいで完食。すごすぎる。
僕は10 OZでちょうどよかった。
いい気分でホテルに帰り、もう寝ます。明日はcheck outし、いよいよ新居で生活開始。

いろんな意味で外国のすごさを知った日でした。

IKEAで家具を買う

10/4(日) 晴れ すがすがしい感じ
今日はとても天気がよく、秋の少し肌寒い空気がすがすがしく感じられました。
通りの横の街路樹の下では至る所でリスが木の実を食べています。(リスはそこら中にあふれるくらいいる。かわいらしいが、狂犬病ウイルスをもってたりするので油断できない。)

明後日ホテルのチェックアウトなので、今日は一足早くに荷物をスーツケースにつめて、ホテルから新居までごろごろ引きながら2kmほど歩きました。
ストリートカーに乗ろうかとも思ったけど、乗るとき持ち上げるのが怖いし、天気もよかったのでそのまま歩きました。
University通りに来ると街中にカナダのどでかい国旗が掲げられ、車が通行止めになってました。パレードでもあるのかと思っていたら、ピンクリボンのTシャツを着た何千人~何万人という人たちが、トロントの目抜き通りを走ったり、歩いたりしながら行進していました。みんな楽しそうです。ピンクリボンのイベントってすごい。

午前中はカナディアンタイヤでいくつか必要物品を買い、地下鉄のフードコートで焼きそばなど(7ドル)を食べたあと、地下鉄に乗ってIKEAに行きました。約40分で到着。
IKEAは巨大家具屋で、二階がショールームになっており、そこで買おうと思った商品をメモして、1階の倉庫に行き、自分で台車に商品を乗せてレジに行くというシステムになっています。基本的に自分で組み立てるので、倉庫の中には段ボールに包まれた板やらが遙かな高さ(10mくらい、日本なら地震があるのでありえない)まで積み上げられています。それをよっこらしょと台車に積み、レジで精算し、配送を頼んできました。
マットレスとテレビ台、リクライニングシート、シーツ、毛布などを買いました。

見て回るのも積み込むのも結構大変でかなり疲れました。
どれもだいたい一番安いものを買ってきたけど、マットレスだけは安眠に重要なので高いものを買いました。明日届けられるので楽しみです。

明日は引越+IKEAからの家具搬入、組み立て予定です。

一日遅れ 10/3のこと

10/3 曇り時々雨 あまり寒くない

昨日は朝から1ドルショップ(百円ショップみたいなもの、歩いて5分)に行き、新居の掃除道具やら台所用品やらを二往復しながら40点ほど購入した。新居でまずは床の拭き掃除を徹底的に行い、次に台所用品を配置してみた。
次にカナディアンタイヤという大工道具ショップ(歩いて10分)をこれまた2往復し、部屋のライト、コーヒーメーカー、玄関と台所のラグ、シャワーカーテンその他をえっちらおっちらかついでかえり、セッティングした。
これでだいぶ人が住める空間に近づいてきた。
ただ、寝るところとテーブル椅子がないので、食事もできないし、寝れない。肝心なところが抜けている。

食卓セットは引っ越す人からもらえるようになったので、今日はIKEAという郊外にある巨大家具店に行ってマットレス、小テーブル、テレビ台などを買ってきます。ソファも買うかも。

昨日(10/2)のこと

10/2(金) 小雨 すこし寒い
少しずつ町の木々が黄色くなってきています。紅葉にはあと1-2週間くらいかかりそうです。
町を歩くと、本当に様々な人種がいて、人種のるつぼという感じです。白人、黒人、東洋人、中東系が混じり合って暮らしています。ターバンを巻いた人や顔を覆ったイスラム系の女性も見ます。

金曜日は僕の所属するグループ(ボス:スイス人、中国人、日本人、カナダ人と僕)のカンファがありました。中国人の英語は聞き取りやすく、カナダ人の英語は早くてなかなかついていけません。ボスの英語は訛りが強くて聞き取りにくく、ネイティブの人でもわかりずらいそうです。時々フランス語の単語が混じってることもあるそうです。わかるわけないよ。

研究のレベルは、臨床のラボとしては高いけど基礎の一流ラボに比べたらたいしたことなく、僕でも十分についていけそうでした。日本人のMさんにいろいろ説明してもらい、おおまかなことは把握できたようです。まだ僕自身がやることははっきり決まってないけど。

昼は臨床のカンファ(昼食付き)を見学しました。日本での外科内科合同カンファと同じようなもので、まあそれほど変わりありませんでした。有名なDrがいて、その人はなんかすごそうだったけど。

その後、携帯の調子が悪いので携帯会社に行き、夕食は病院のフードコートで食べ(8ドル)、帰りました。

トロントに来て1週間がたちましたが、すこしずつ生活の基盤も整ってき、時差ぼけも解消され、慣れてきています。

通関の旅

カナダは引っ越し荷物が到着する際、税関に本人が行かなくてはならないとのことで、本日行ってきました。ダウンタウンから日通の会社まで、地下鉄とバス二本を乗り継ぎなんと片道2時間半。ちょっとした遠足でした。通関作業自体は40分くらいで終わって、また2時間半かけて帰ってきたわけです。
トロントの郊外をみれて楽しかったけど、結構疲れました。

郊外は緑が多く、家も庭も広くて、アメリカの映画に出てくるそのままの感じでした。ショッピングセンターもものすごく広くて、日本とはサイズが違います。
地下鉄、バスの乗り継ぎなんかも意外と便利で、東京よりよほど分かりやすい感じでした。

その後は、ラボに戻って、IDを作りに行ったり、いろいろ仕事をこなして、夕食は日本食レストランでカレーを食べ(9ドル)、さらに20時から大家に会って家の鍵を渡してもらって、帰ったら21時でした。
とても充実した一日でした。

住居決定

本日やっと住居が決まった。研究室から歩いて5分の便利なところの高層コンドミニアムとなった。やや狭いが、中はきれいでジムやプールもついている。家賃はやっぱり高いが、駐車場、光熱水道費、ケーブルテレビ代混みなので、広島のときと同じくらいになる。
トロント中心部まで徒歩30分くらいなので、日本でいえば銀座くらいに住んでると考えると、とても安いことになる。しかも、敷金礼金なしで保証人もいらないとなると、日本のシステムの方がどうかしてるんじゃないかと感じる。退去して二ヶ月たつのにまだ敷金かえってきてないし。

住所が決まったので、携帯と自宅ネットの契約もしてきた。
明後日から入居可だが、電灯もベッドもなにもないので、土日で家具を買ってから来週初めに入居することにした。
これでやっと少し落ち着くと思う。
研究についてはまだ何にもしてないよ。
明日は引っ越しの通関のため、遠くまででかけないといけません。
プロフィール

おいらいおおん

Author:おいらいおおん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。