スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツリー点灯

11月28日(土) 晴れ 少し寒い

トロントの美術館
R0010546_convert_20091129121526.jpg

ツリー点灯
R0010555_convert_20091129121628.jpg

午前中、美術館に行ったけど、すごい人の量だったため、中に入らず。
18時半から市役所前広場で、ツリー点灯式。コンサートなどのイベントもあったけど、だんだん寒くなってきたので、早々に帰ってきた。
またカレー作ったけど、バーモントカレーは全然おいしくない。ルーって大事だね。

最近ユーチューブで過去のドラマなど見れることを知った。
スクールウオーズの名場面を見て、何度も泣いてしまった。
こんなに泣けるドラマ、他にあるだろうか。
泣けるというのは、じーんとくるとかではなくて、パソコンの前でおいおい声をあげて泣くのです。子供もいるいい年したおじさんが異国の地で、1人スクールウオーズ見て泣いている。
ユーチューブ見始めると止まらなくなるので困ってます。
スポンサーサイト

来週末、点灯式が行われる。
R0010539_convert_20091123074209.jpg
屋外スケートリンク
R0010541_convert_20091123074238.jpg
スケートする人を見ながらホットドックを食らう。
R0010542_convert_20091123074306.jpg

昼間、歩いて10分のところにある日本の雑貨やに行ってきた。ここは昔、漫画喫茶をやっていたらしいが、今ではこじんまりとなって、日本の雑貨とDVDレンタルをしている。各種調味料やおかしなど、ちょっと高いが、日本のものがいろいろおいてあった。温泉の素(別府と下呂)を買った。
DVDもかなり多く、ドラマからバラエティからジャンクスポーツからドラえもんからNHKスペシャルまであった。仕事の流儀とかガイアの夜明けとかもあった。なんか借りようかと思ったけど、僕は昔からレンタルビデオ屋でなかなか選べない。優柔不断だからと思うが、今日も選べず。ドラマやバラエティみてもしょうがないし。一番良さそうだったのは官僚達の夏だったので、年末暇なときにでもみようかね。
そういえば、坂の上の雲と龍馬伝がみたいので、録画できる人はDVDに録画しといてね。

そのあと、市役所の広場に行って、ツリーをみて、ホットドックを食べた。

午後は暇だったので、日本から持ってきた本(ジュール・ヴェルヌ、海底二万里)を読んだ。なんで今頃そんな本?と思うかもしれないけど、なんとなく買った本です。かなりおもしろいです。

ビデオ屋に仕事の流儀のDVDがあったので、NHKのホームページを見てみた。いろんな一流の人達の生き様や信念が載っている。ちょっと前、日本にいるときみた放送で慈恵医大の血管外科医、大木先生の放送があった。32歳でアメリカに留学し、無給の研究員から10年でアメリカの教授になり、収入が10分の1になりながらも母校の教授として帰り、寝る間も惜しんで患者と若手医師の教育のために働く。つくづくすごい人だと思う。彼にしてもその他出演しているひとにしても、一流の人に共通するのは、信念と向上心なんじゃないかと思った。

信念に伴う目標設定と、それに向かって努力する力、それである程度のところに到達してもそこで満足せず、さらに上を目指す向上心。イチローが「僕は目標に向かって努力するのが好きなんです」と言っていたが、世界最高の打者と言われるようになっても、まだ努力して向上しようとしている。うーん、すごい。
僕は何でも、まあこれくらいまでできるようになったからいいだろう、と妥協してしまうところがある。まあ一応医者になったし、専門医もとったし、留学もしたし・・・。妥協することによって成長は止まるし、可能性もしぼむ。
昔から、安住の地を手に入れたいと思っていた。つまり、お金を稼いで、家族を作って、その蓄えでその後を楽に生きていく、というような。でも、安住の地なんてないし、例えばでかい山を一発当てて若いうちに大金をつかんだとしても、それで一生遊んで暮らしても楽しくないだろうと思う。
一流の選手ほど現役にこだわる理由が分かる気がする。

こちらに来て、改めて分かったことは、すごい人は努力して成長し続けているということである。一流になっても、同じことばかりしてたら評価されない。常に新しい可能性を追求して、自分も変化していくことが要求される。
これくらいでいいかなと思ったら、そこで終わりなのである。

これからは常に目標と向上心をもっていきたいと思う。

英会話

トロントに来て約2ヶ月がたった。

生活には慣れた。ラボにも慣れた。実験はしてないけど。でも、英会話は全然上達しない。そりゃ語学が2ヶ月くらいで上達するとは思えないが、こちらに来て分かったことは、外国で暮らしても英語話す機会ってそんなにないということ。ラボでも挨拶とちょっとした会話くらいで用が済んでしまう。ミーティングではどうしても聞き手になってしまい、こっちから話すことはあまりない。
これでは2年たっても上達しないかも、と怖れている。実際、1年以上いる人が何人かいるけど、あまりうまくない。僕よりはしゃべれるが、僕の目指すレベルではない。

数週間前、日本からうちのラボに客が来て講演があった。50歳くらいと30歳くらいの2人の日本人。2人ともかなりうまくしゃべっていて、僕は言ってることはだいたい分かった。で、あとでnativeに彼らの英語どうだった?ってきいたら全然分からなかったという。では、彼らは何語をしゃべっていたのか?日本人のみに分かる英語?そんなもの存在するのか?nativeがいうには発音と語順、時制などがでたらめだと全く意味がわからん英語になってしまうとのこと。日本語は語順を入れ替えてもたいがいわかるが、英語ではわけがわからなくなるらしい。時制についても、過去になったり現在になったりすると、それいつのことだよ!というふうにこんがらがって、結局言葉は分かるが、意味がわからんということになるみたい。

英語を話せるようになるまでの道のりは長い。このままではだめかもと思って、今日英会話学校に行ってきた。公立のESLで、平日夜とか土曜とかにも授業がある。料金は日本より安いけど、思ったより高い。1時間6ドル(500円)。でも土曜の授業とか9時から14時まで、なんと5時間もある。5時間も何するんだろう。昼ご飯はどうするの?これだと月1万円かかるのでちょっと痛い。まあ試しに何回かでてみようかと思う。

なんだかんだでお金がかかるよ。でも、日々の生活ではかなり倹約してる。昼は家に帰ってきてラーメン(1ドル)か肉まん(2ドル)かお茶漬け(?ドル)などを食べてる。週に2回はラボで昼食付きカンファレンスがあるので、サンドイッチやらパスタやらをしこたま食べてる。昔、日本のラボにいた中国人留学生の気持ちが分かる。さすがにコーヒーのミルクまで飲んだりしないけどね。

2日に1度くらい病院内のスタバに行くが、1杯1ドル80セント、つまり150円なので缶コーヒーとそんなに変わらない。日本であのまずい缶コーヒー飲むのが信じられない。週に1度くらい飲みに行っても、こちらは食事をとらずにビールと軽食くらいなので20ドル(1700円)くらいとかなり安い。夜はご飯炊いて土曜から火曜まではシチュー(今日からまたシチューがしばらく続く)かカレー。水、木は総菜を買って2日で10ドルくらい。金曜は飲みに行くと、こんな感じです。

えー、今のところ3月上旬に一度帰国しようと思ってます。3月6,7日くらいをあけといてください。

僕の通う研究所
R0010520_convert_20091122053531.jpg

トロント大学の構内
R0010530_convert_20091122053620.jpg

僕のおうち
R0010533_convert_20091122053700.jpg

どうもこのブログで写真を載せるのが難しい。なんかやたら面倒なんだけど、簡単にできないのかね。

保育園、子供の名前など

ここ数日、トロントの保育園について調べている。
カナダでは4歳になる年の9月から幼稚園に入るが、その前の子供は保育園になる。親が共働きとか、いろんな理由で保育園に子供を預ける。
うちは特に共働きではないので、保育園は別にいらないと思っていた。日本でもこちらでも。
子供ができる前は、保育園だけでなく幼稚園さえあまり必要がないと思っていた。というのは、親と一緒にいる時間が長い方がいいし、必要な教育はうちでもできるからと。
しかし、子供には様々な刺激が必要で、刺激の乏しい単調な環境にいたら成長はないということに気がついた。神経細胞は刺激を受けることによってシナプスを延ばし、ネットワークを作る。様々な刺激があればより複雑なネットワークができるし、そうやってできた回路はその人の潜在能力を決めることになる。単純な回路では発想が豊かな人とか、創造性に富んだ人というのはできないであろう。
一生のうちで最も成長し、可能性に満ちている3歳児の時期に、より多くの刺激を与えて、可能性を広げてあげたいと思う。
保育園や幼稚園というのは、うちのなかでは得られない様々な体験がある。子供は親からよりも同世代の仲間からより多くの刺激をうけるという。確かに親に言われるよりも、こいつはすごいと思う仲間にであったときに、自分の向上心というのは高められると思う。人にできて自分にできないことがあれば、それを克服して追いつこうと思う。さらにここは異国であり、様々な人種が暮らしている。言葉も違う。そういった環境にいきなり放り込まれたらうちの子供がどうなるのか、とても興味がある。これほどの刺激はなかなか体験できないんじゃないかと思う。
そういうことを考えながら保育園を探している。
トロントの保育園はとても高くて、フルタイム(月から金、8時から16時)で月9万くらいする。薄給の身としてはとても預けられない。さらにどこの保育園もいっぱいで半年とか待たないと入れないらしい。週に2.3回でいいのにとか思うけど、そうするとかえって難しいらしい。というのは、入園できる児童数、それに必要な職員数は決まっているので、月水金だけとかいうと、じゃあ火木だけの人をみつけてきなよ、とかいうことになる。
とりあえず、家の周りにある保育園に片端から申し込んでwaiting listにのっけてもらうことにした。
ありがたいことにトロントには保育費の補助制度がある。月に5万円くらいくれるらしい。この制度をうけるにはいろいろ制限があり、うちが受けれるかよく分からないが、これにも応募してみることにした。
しかし、これは人数制限があり、空きがないと回ってこない。つまり、ここでもwaiting listにのせられ、数ヶ月または数年しないと自分の番が回ってこない。だから、トロントの人達は妊娠したら応募するとのことだった。でも、応募用紙には子供の名前とか書く欄がある。これどうしてるんだろう。
みんな生まれる前に決めてるんだろうか?それともjohnとか適当に書いといて、あとで違ったとかいって訂正するんだろうか。
とりあえず名前つけてたら、生まれたあと真剣に考えなくなってしまって、まあjohnでいいか、いい名前だし。とかいうことにならないだろうか、と心配してしまう。
あとから子供に名前の由来を聞かれたときに、とりあえずつけた名前だよとは言えないし。
ということで、名前にはきちんとした由来、両親の願いとかがやっぱり必要だと思う。
うちの子の名前の由来は・・・。

ようやく1週間が終わった。なんか今週は長かった。
週末は何しようか。

発表終了

11月16日(月) 寒くなってきた 8℃

こちらはだんだん寒くなってきました。室内は暖かくて、時々やたら露出度の多い若い女(うちのグループ)がいたりもします。
今日は、午後から隣の研究所(オンタリオがんセンター)で、研究計画について発表してきました。発表といってもいつもの僕のグループ(スイス人のボス、中国人のポスドク、カナダ人の若い女、日本人の先輩)に、向こうの教授(日系人の女、でも日本語しゃべれない)、研究者(中国人女)の二人が加わっただけです。でも、この二人は免疫の基礎研究者で、しかも教授は北米でも有名な人なので、かなり緊張しました。
原稿を作って暗記していきましたが、途中で忘れてしまったりで自分的には60点くらいでした。いろいろdiscussionしたけど、半分くらいしか理解できませんでした。実験計画を大幅に修正しないといけないようで、また考え直さないといけないです。

とりあえず発表終わったので、ビールでも飲んで寝ます。

サンタパレード本番

11月15日(日) くもり 10℃

トロントで毎年開かれているサンタパレードは今年が100回目。なんで1ヶ月も前に開かれるかというと、12月中旬は寒すぎて外でパレードなんか見てられないためということでした。納得。

今日は全然寒くなく、University通り沿いに子供や家族連れがいっぱい集まっていました。1時くらいからパレードが始まりました。子供が喜ぶようなテレビアニメのキャラクターの山車や、いろいろなものに仮装した人達がねりあるくもので、まあパレードだから当然ですが、それだけでした。いつサンタがくるのかずっと待ってましたが、なかなかサンタは来ず、サンタパレードというかただのパレードでした。結局、クリスマスらしい山車は全く見ずに帰ってきました。

でも子供達はとても嬉しいみたいで、みんな沿道からパレードしている人に手を振っていました。パレードには仮装した子供も多く参加しており、どんたくみたいに参加することが楽しいイベントという感じでした。

これから町はクリスマス一色になるようです。ラボも12月後半はほぼ閉鎖状態で、みんな2週間くらい休むようです。でも1月1日からみんな通常どおりに働くようで、日本と違ってクリスマスが大事なようです。

これからまた明日のスライドを手直しして、発表に備えます。


続きを読む

サンタパレード

11月14日(土) 晴れ 寒くない

今日は穏やかな一日でした。
午前中は洗濯やら掃除やらを行い、昼は散歩がてら近くを歩いて、公園でホットドックを買って食べました。露店のホットドックは3ドルくらいでけっこうおいしいです。
明日は昼にサンタクロースパレードとかいうものがすぐ近くの通りであるので、見に行ってみます。
月曜日に研究テーマの発表をしないといけない(金曜日に突然言われた)ので、実はかなりあせってます。
スライド作って、さらに発表原稿まで用意せんと。
ちょっとやばいです。

またカレー作って食べてます。今日は肉買うの忘れたので、野菜だけのカレーです。それでもけっこうおいしいよ。
でもさすがにカレーばっかりだとちょっと飽きてきたし、カロリーも高いのでそろそろ他の料理も試してみます。

カサロマ

11月8日(日) 晴れ ものすごく暖かい

今日は昨日よりもさらに暖かく、コートがいらない陽気でした。
僕でも半袖になるかくらいで、こちらに来て一番暖かい気がします。
昼からカサロマというトロント観光情報に必ずのっているメジャーなスポットに行ってきました。
地下鉄で5駅くらいなのですが、あまりの気持ちよさに思わず歩いて行ってきました。約1時間で到着。
ここは、約100年前にトロントの大富豪(軍人かつ経営者)が作った大邸宅で、トロントが一望できる丘にある石造りの重厚な城みたいな建物です。中の調度品などもとても豪華で、舞踏会ができる(実際やっていた)大広間や温室やら書斎やらとにかく部屋がいっぱいありました。まあ、日本でいえば城を見に行くようなものです。でも、その持ち主の大富豪は破産したため、わずか10年くらいしか住んでいなかったとのことです。GMにしてもホ○○モンにしても、亡くなった元外務大臣にしても、どんなに栄華を極めた人でも一寸先は闇だなと、つくづくと感じさせてくれました。
時期のせいか、観光客はあまりいなかったです。
さすがに帰りは地下鉄にのり、あっというまに着きました。
まあ、2回行く必要はないかなというところでした。

また明日から仕事なので、シチューを食べてビールを飲んで(今日はボストンのラガービール)寝ます。

MLB, NBAなど

11月7日(土) 晴れ 暖かい

先週後半はけっこう寒くていよいよ冬か!と思っていたけど、今日はとても暖かく、気温も13度くらいあった。コートを着て歩くと少しあついくらい。こちらにはかなり寒くても半袖で平気で歩いている人達が時々いる。特に太っているわけでもないし、我慢している感じにも見えないのが不思議。
今日はハーバーフロントでメキシコ祭りみたいなのがあると聞いたので、散歩がてら行ってみた。いろいろな催しやメキシコ料理屋などがあると聞いたので、さぞかしすごいだろうと思ってたら、ものすごくしょぼくてびっくりした。ラテンなのに・・・。みやげものやが数個と変な衣装を着た人が2,3人、それにタコス屋が二つばかり。人もまばら。しょうがないからタコスでも食べとくかと思って、タコスとサンドイッチを買ったらなんと14ドル!!。信じられないくらい高い。でも買ってしまったので、湖を見ながら食べてみた。ところが、これが全然おいしくない。今まで食べたタコスの中で最低だった。何の肉かよくわからないし。さらに食べてたら鳥(かもめ?)がいっぱい集まってきて、サンドイッチをつつかれてしまった。ほんとにふんだりけったりであった。
しばらく湖のベンチで昼寝をしてから、中華街に買い出しに行った。中華街のスーパーは中国人を始め、いろいろな人達ですごい混み合っている。中国語の演歌調の音楽が鳴り響いていて、中国独特の臭いが充満している。なんであんな臭いがするんでしょう?
野菜(タマネギ二玉、ジャガイモ大二個、ニンジン中7本、ニンニク5個、バナナ一房、ブロッコリー一個)に肉まん6個入り これだけ買ってなんと7ドル(600円)。めちゃくちゃやすい。
酒屋にもよってビールを12本買って、おうちに帰った。
またシチューを作って、あと4日くらいはこれでいけます。

ロイヤルオンタリオ博物館

11月1日(日) 晴れ ちょっと寒い

昼前に散歩に行こうとぶらぶらと歩いていたら、ロイヤルオンタリオ博物館(ROM)の近くに来たので、入ってみることにした。ここはカナダ最大規模の博物館で、各国の美術品からあらゆる動物の剥製、恐竜などの化石、鉱物、なんでもある。日本の甲冑もあれば、アイヌ人の織物、古伊万里、エジプトのミイラなどもある。

動物、魚、鳥の剥製などよく作ってあって、天井から巨大なくじらやサメがつりさがっていたりと展示の仕方も面白く、コンピューターでの説明もあり、見ていて飽きない。個人的には恐竜の展示がよかった。ティラノサウルスやステゴザウルス、プテラノドンなどがいっぱいおいてある。小さい男の子などが大興奮して走り回っていて、哲博もそのうち連れてきたいと思った。
鉱物のところでは、隕石や各種宝石(ものすごくでかい、おばさんたちが大興奮していた)も展示されていた。
3時間くらい見て回ったので、けっこう疲れた。
入場料が22ドルとちょと高くて、中のフードコートでパンとスープを頼んだらそれだけで10ドルもしてしまった。

夕食にはまたカレーを食べて、ビール飲みながらワールドシリーズを見て寝る予定。

韓国系スーパー

10月31日(土) くもり 寒くない

午前中、地下鉄で15分ほどのところにある韓国系スーパーに買い出しに行ってきました。
以前一回行ったことがある店で、日本の食材もいっぱいあります。
物の値段は
米(4.5kgで15.5ドル、1kgあたり292円)、こくまろのルー(1箱340円)、冷凍うどん(1玉85円)、肉まん(小6個で340円)、白味噌(1kgで400円)、納豆(4個で255円)、バナナ(1本40円)
という感じです。リュックに詰め込んで帰ってきたけど、相当重かったです。
ちなみにこれって安いと?
日本でもそうだけど、買う場所によって値段が全然違ってきます。ボンラパスとマルキョウで違うように。例えばバナナでみると、こちらでは1本あたり何円と表示されています。一番安いのは中華街で40セント、韓国スーパーが50セント、うちから一番近い地下鉄の駅にあるスーパー(ボンラパスみたいなとこ)が80セント、コンビニが100セントという感じです。2倍以上違います。

今日買った肉まんを昼食に食べたけど、ヤマザキのよりおいしかったです。肉まん3つとバナナ1本で約210円でした。外で昼食を食べると最低500円はするので、やはり自宅で食べると安上がりです。最近は昼に時間があれば家でラーメンを食べたりして倹約してます。
今のうちにお金をうかせとかんと。

午後は家でゆっくりして、もう少ししたらカレーを作り始めます。今日はチキン(棍棒状になったやつ、かなりでかいの6本でなんと170円!!)カレーにします。

それと今日で夏時間が終わりになります。たしか夜中2時台が2回連続するようです。よって日本との時差は14時間になります。
プロフィール

おいらいおおん

Author:おいらいおおん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。