スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳寒・来年の目標

12月29日(火) 厳寒

今日朝起きたら外はうっすらと雪が積もっていて、天気予報をみたらただいまの気温なんと-15℃!!、さらに風があるので体感気温-21℃。おーこれはすごいぞと、思わずわくわくしてしまった。いわゆる怖いもの見たさであり、まだ本当の住民にはなっていない感じである。

完全武装して外に出ると、思ったほど寒くはなかった。なんだこんなもんかという感じだったが、10分くらい歩くと下半身がしんしんと冷えてきて、風が吹くと鼻と頬がちぎれそうだった。20分以上は歩けないなと感じた。
ニュースでもvery very coldと言っていたし、カナダ人もvery coldとて言っていたので、本当の寒さにだいぶ近づいてきたなと思った。でも、本当に寒い2月まで、あと1ヶ月以上ある。

ラボに着くと、人はまばらだったが、時間がたったら次第に人が増えてきて、通常とまではいかないが日本の年末よりは多い感じだった。どうやらクリスマスが最大のイベントで、正月は大したイベントではないらしい。
カナダ人とか、会ったらhappy new yearとか言ってる。まだ早いよ。同じグループのカナダ人の女の子は元旦に引越をするとか言ってる。彼女にとっては(引越業者にとっても)元旦は普通の日ということらしい。

10時から15時くらいまで実験やらを行い、16時半頃早めに帰った。14時くらいに昼ご飯を久しぶりに病院内のフードコートで腹一杯食べたので、夕食は果物ぐらいで済ました。

さて、昨日に引き続き、今年の総括、来年の目標。より具体的に。

2009年はいろいろあったが、総合的に考えると非常にいい年だった。
自分自身の新たな挑戦が始まったし、長女が無事に生まれ、家族みんな健康に過ごせた。
2010年はカナダで家族と暮らす生活が始まるので、我が家にとってまた新たな体験となる。

家族の目標
妻と協力しあい、海外で子供達と楽しく、安全に暮らす。
 長男をできるだけ外人、英語に触れさせる。
 カナダ国内、アメリカに泊まりがけの旅行を3回以上する。候補はカナディアンロッキー、ケベック、ニューヨーク、フロリダ

個人の目標
留学中
① 2年間で論文を2本submitする。
② TOEFL95点をclearし、TGHのclinical fellowになる。

2010年
① 論文を1本submitする。
② 国際学会で発表する。
③ TOEFLをclearする。

研究
1.今やってる実験(人の論文のrevise)を3月末までに終わらせ、5月末までに投稿する。
2.今の実験から新しいテーマを見つけ出し、3月末までに方向性をつけて、8月末までにdataを出す。12月末までに論文にできる形に持っていく。これをmainのテーマにするかは分からないが、何かちょっと新しいことが分かった時点で論文にして、まあまあの雑誌(JSO, IJC, cancer, JTCS)くらいを目指す。
3.NOGマウスを使った新しい実験のプロトコルを1月提出し、2月から実験を開始する。
4.rat肺移植の実験系を2月末までに軌道に乗せる。
5.もう一つ研究を考える。

勉強
1.週に3本以上の論文を精読し、5本以上の論文をおおまかに読む。内容をごく簡単にブログに書く。
2.がんの生物学を2月末までに読破し、免疫生物学を5月末までに読破する。ページ数をブログに書く。

TOEFL
2月末まで
1.2300語を2月末までに終わらせる。1日40語のペース。
2. その後、熟語1000語を3ヶ月で終わらせる。
2.speakingは毎日2問、最低週に10問行う。
3.writingを毎日1問、週に5問行う。
以上を行って、4月末までにTOEFLを受験し、95点をclearする。

今のところこれくらい。
また考えよう。







スポンサーサイト

12月28日(月)くもり まずまず寒い

今日は久しぶりに朝から夜まで実験を行った。
どういう実験をしているかというと、マウスの胸の中に癌細胞を注射し、10日後に解剖する。できあがった癌や胸の中に溜まった水、脾臓をなどを取り出し、さらにそれらをすりつぶして、こして、溶かして、細胞にした後に、薬剤で染色して、どんな細胞がいるか機械で測定するというもの。
例えは悪いが、料理みたいな感じである。
でも12時間くらいかかるし、できあがっても食べれない。今日は機械にかけるまでに10時間くらいとまずまずのペースで来ていたが、機械がどうもうまく作動しない。最初の調整段階でどうしてもうまく動かず、助けを求めようにも機械を管理している人達など当然休み中であるために途方に暮れていたら、若い兄ちゃんが「お、その機械動いてんの?ここ5日間故障してたんだよ」とか話しかけてきた。やっぱり故障中だったようだ。
幸い、細胞はホルマリンで固定すればしばらくもつので、今日の実験はそこまでとした。
今日とかになると、働いているのは日本人と中国人数人だけだった。
僕は正月といっても特にすることないので、もうしばらく実験しようかと思う。

さて、今年も大詰めとなったので、今年一年を振り返ってみようと思う。
自分および家族の10大ニュース・・・

10位 妻、30の大台に乗る
9位 論文採択 
8位 長男と二人で野球観戦
7位 ナイアガラの滝訪問
6位 家族で湯来温泉旅行
5位 広島を引き払う
4位 長男しゃべり始める
3位 妻、突然の里帰り 
2位 念願の留学かなう
1位 長女誕生

こんなところでしょうか。
今年もいろいろありました。2位と1位など、人生の節目になるような出来事もありました。
さらに今年の総括

仕事・勉強
1 研究 70点
10月に研究を開始して3ヶ月が経過したが、まだ予備知識が不足しており研究の方向性が定まっていない。また、今までやってきたテクニックのみに頼り、新しい研究手技を身につけていない。

2 論文 90点
原著1編、case report2編accept、原著1編submit。留学したさに初めて論文を書こうという気になった。acceptされた雑誌もまずまずであり、今までで最も頑張った。

3 臨床 70点
定型的な手術は研修医と二人でもだいたいできるようになった。手術時間が前より長くなっており、手順を定型化できていない。手順に迷うことがある。イメージトレーニングが不十分。VATSのポートの位置が標準化できていない。時々とてもやりにくいことがある。後側方切開以外の術式のトレーニングができていない。血管損傷がなかったため、損傷時の対処ができる自信がない。気管支縫合についても同様。

4 TOEFL 60点
2回目の受験で10点上がったが、まだ13点不足。readingは安定した点が取れる。listeningとwritingの点数が上がったが、どちらもまだ安定していない。speakingの点数が伸びず、このままでは改善の見込みがない。語彙力不足と会話練習、作文練習が不十分。listeningはカナダに来たことでだいぶ時間が増えたと思う。

5 英会話 40点
英語で話す機会が少ないため、上達していない。話す時も中国人などnon-nativeが多い。留学前に思ったほど上達していない。

生活
1 家族サービス
留学準備、留学のために、家族と暮らしたのは7ヶ月半と短かった。休日はできるだけ家族との時間を持つようにして、公園などに行った。泊まりの旅行は湯来温泉1泊のみと少なかった。

2 家事
日本ではほとんとできず、ごくたまに皿洗いなど。引越準備はだいたいできた。こちらでは料理以外はOK。料理はカレーとシチューと鮭のホイル焼きができるようになった。

3 子供の教育
パズルと読書は妻のおかげでだいぶ身についた。言葉もこの1ヶ月で出るようになった。

4 自分のからだ
留学前に歯科検診、胃カメラ、大腸カメラ、PETを行い異常なし。腰痛が8月から現在までずっと持続し、慢性化しており治る気配なし。最近新しいストレッチを開始した。

来年の抱負
1.目標に加えてノルマを持ち、達成度をブログにつける。
2. 子供の教育に力をいれる
3.家族と貴重な時間を楽しむ

具体的なことはまた明日。



 

クリスマスミサ

クリスマスギフト
R0010561_convert_20091226070019.jpg

クリスマスと正月の飾り
R0010562_convert_20091226070138.jpg

eaton centerのツリー
R0010564_convert_20091226070239.jpg

教会外観
R0010572_convert_20091226070612.jpg

クリスマスミサ
R0010566_convert_20091226070506.jpg

クリスマス

12月25日(金)曇り 暖かい(4℃)

先日、家族からクリスマスギフトが届いた。歯ブラシやヘアワックスなどの実用的な物から頼んでいた本や小さい鏡餅セット、それからクリスマスプレゼントも入っていた。久々の日本の香りで嬉しかったが、中でも一番嬉しかったのは息子手作りのクリスマス飾りだった。幼稚園で作ったらしく、紙の皿のわっかに赤と緑の折り紙が貼り付けてあった。息子から手作りギフトをもらったのは初めてで、涙が出そうになった

その息子には世界地図のパズルをamazonで注文して送ったが、「つまらない」と言っているそうである。久々に妻と意見が一致したというのに・・・。
サンタからは息子の希望どおり、黄色のスーパーカーと黒のビートルが来たみたいで喜んでた。またミニカーが増えた。すでに百台近く持っており、大好きなトイザらスのミニカーコーナーで色々見て「全部もってる」と言ったそうだ。

今日は昼前に町を歩いてみたが、人はまばらで日本でいう元旦みたいだった。店もコンビニ以外ほとんど閉まってた。
教会でミサがあるようなので、トロント一の教会(歩いて10分)に行ってみた。外観はそれほど大きくないが、中は天井がものすごく高く、バスケットコート3面とれるくらい大きかった。壁のステンドグラスがとてもきれいで、壁から天井に至るまで、いわゆる教会っぽい絵が描かれていた。
12時くらいからミサが始まった。賛美歌を歌ったり、神父がなんやら説教したりといろいろあったが、今まででた集会の中で最も荘厳だった。7,8歳くらいの金髪のかわいい少年が音楽に合わせて聖書を朗読し、それに続いて少年合唱団が賛美歌を歌うのだが、まだ声変わりしていない高音がとてもきれいで感動的だった。

そのあと祈りを捧げ、最後の神父の説教中、神父が何かいったら突然周りの人達がお互い抱き合ったり、キスしあったりし始めた。何事が起こったかと思ってたら、隣のフランス系の若い女性(かなり美人)が僕のほうを向いて「kiss me with you」と言う。「えっ」と思ったが周りは抱き合ったりキスしたりしているので、キスしていいのかと思い、ちょっと迷ってたら、手を差し出してきたので握手をした。そしたら前の人とか後ろの人も握手を求めてきて、周りの人達みんなと握手をした。よく聞いてみると、「bless be with you」あなたに祝福あれと言っているのだった。キスしているのは恋人同士だったわけで、危うく神聖な場所でとんでもないことをするところだった。

最後は前から順に1列ずつ神父の所に行ってクッキーをもらって、教会をあとにした。
クリスマスに教会に行くなんて当然初めてだったが、なかなか良い経験になった。

昼食は肉まん、夕食はまたカレーです。いいかげん飽きてきたかも。

続きを読む

忘年会2、大掃除、論文

12月21日(月) 晴れ -2度

今週からラボは半休業状態で、事務員を含めてカナディアンはほとんど休んでしまっている。日本人と中国人だけが働いている感じだった。今日は2時間くらいかけて、僕が実験しているエリアの大掃除をした。大掃除という概念がカナディアンや中国人にあるのか疑問だったが、少なくとも中国人は率先して掃除をしていた。欧米人は全然やってなかったけど。

夜は、日本人4人とカナディアン2人で、最近オープンしたばかりの日本style居酒屋に忘年会に行ってきた。
ここはバンクーバーにすでに4店舗くらいある人気の居酒屋で、うちから歩いて10分の所に開店した。

外観も中身も、大名のおしゃれな居酒屋という感じで、日本にいるときと全く変わりない驚くべき空間だった。店員もみな日本人で、いらっしゃいという威勢のいい掛け声に始まり、おしぼり(カナダで始めてでてきた)、サッポロ生のビールまで日本そのままだった。メニューもたこわさ、刺身、豚の角煮、牛タン、豚トロ、銀だらみりん、さんまの塩焼き、しゃけのゆっけ、おでんなど豊富でしかも結構おいしく、福岡より下(さすがに・・・)、広島より上という感じだった。焼酎も3種類ほどあり、芋焼酎をボトルキープ(7500円)したが、男4人で飲みきってしまった。カナディアンはボトルキープというシステムに驚いていた(そりゃ驚くだろうよ)。

店内はものすごい混みようで、日本人以外にも結構待っている人がたくさんいた。
これから時々来ることになりそうな店だった。

さて、今日は嬉しいことが一つあった。日本で書いた論文がacceptされた。
医学論文というのは、自分が行った研究や臨床dataをまとめて新しい知見を報告するもので、研究者にとっても臨床医にとっても重要な仕事である。そんなの別にやらなくても医者は続けられるわけだけど、医者の評価というのは論文の数、質で決まることが多い。世間的には診察や説明が丁寧とか、外科では手術がうまい、いわゆる腕がいいということが評価の対象となるが、医者の世界ではそんなことはほとんど評価の対象にはならない。どれだけ朝から晩まで患者のために働いても、命を救っても、全く評価の対象にはならないのである。手術がうまいことは下手よりは評価されるが、客観的な評価ができないため、ほとんど意味をなさない。
質の良い論文をどれだけ書いたか、これだけが評価基準となる恐ろしい世界である。特に僕の医局はその傾向があり、論文を書かないものは人間とみなされないくらいのところである。いやはや全く白い巨塔そのままです。

論文といってもぴんからきりまであるわけで、載った雑誌の質がその論文の質と見なされる。自然科学で言えばNatureやScience、臨床医学でいえばNew England Journal of MedicineやLancetというのが最高峰の雑誌で、それから何百何千という雑誌が続く。これらはimapct factorという指標によって評価されている。これはつまり、その論文が世界にどれだけのimapactを与えたかを指標にしたもので、IPS細胞を作ったぞというような論文は当然相当なimpactをもつけど、何とかいう魚のうろこの模様のパターンを解明したぞというような論文はほとんど世間の興味は引かないわけである。最高峰の雑誌は20点以上であり、一般に10点以上が超一流紙、5点以上が一流紙、2点以上がまずまずと評価されることが多い。今回、僕が投稿した雑誌は2.4点でまあまあという雑誌だった。
それでも、自分のやったことが形になると嬉しいわけで、また頑張ろうという気持ちになった。

今年はいろいろなことがあった年だったが、次回くらいに今年1年を振り返ろうかと思う。


忘年会

12月20日(日)

連日、最高気温が氷点下です。でも、寒さにはだいぶ慣れました。今日は日中、-3度でしたが、しっかり着込むと特に寒くなく歩けます。-5度以下で風が強いとさすがにつらいですが。

一昨日、ラボの日本人が集まって居酒屋で忘年会を行いました。トロントに少数ある居酒屋の一つで、中には日本人のグループがいっぱいいました。久しぶりに刺身、ホッケ、なす田楽、ほうれん草のおひたし、豆腐サラダ、豚の角煮、牛タンなどの日本料理を食べました。味はまずまず(日本のごく普通の居酒屋なみ)で芋焼酎も焼酎の臭いがしっかりしました。値段はさすがに日本の1.5倍くらいの感じでした。すき焼きを食べ損なったのが残念です。
全体的には、福岡の居酒屋よりはかなり下だけど、広島よりは上かもしれません。
つい最近、バンクーバーで人気の居酒屋がトロントにもできたようで今週中にまた行くことになりそうです。

今日は以前込んでてあきらめたツタンカーメン展をトロント美術館に見に行ってきました。チケットが32ドル!!とかなり高いのですが、大学で作った学生証を見せたら18ドルになりました。えらい違いです。これなら映画とかも学生料金で見れそうです。
エジプトでしかみれないような貴重な展示品が多くあるらしく、今日もけっこう込んでました。どれがそれほど貴重なのかよく分かりませんでしたが、雰囲気は良かったです。

明日からまた仕事ですが、今週からいわゆるクリスマス休暇で、ラボの人数もがくっと減ってたぶん実験するのは日本人くらいだと思います。
僕は29日くらいまで実験しようかと思ってます。

姉さんはそろそろ入院でしょうか。頑張って元気な子を産んでください。名前は考えたかい?

寒いです

12月11日(金)晴れ すこぶる寒い

今日、帰宅するときの気温は-8℃、かなりやばかった。10分歩いたら耳がじんじんし、風が吹いたら息がつまりそうになった。カナダ人は楽しそうにThis is just the beginningという。生きていけるか不安になった。家まで10分弱というのが、身にしみてありがたい。その上、駐車場やら他のコンドやらを通ると、屋根がないとこは合計50mくらい。やあ助かりますなあ。

外はしょうがないが、なぜか建物の中まで寒い。家は暖房入れなくても十分暖かいのだが、ラボが寒い。特に僕の席は窓に近いので、座ってるとだんだん寒くなってくる。建物の中はすごく暖かいという話しだったのに・・・。急に寒くなったから暖房が対応できてないんだろうか?どうも話が違う。さすがに今日はキャミ女はいなかった。

明日からはまた少し暖かくなるようなので、この週末に帽子やら耳当てやらを買いに行きます。

初雪

12月8日(火) くもり 寒い

昨日、トロントに初雪が降った。といってもちょこっとだけで、積もるほどではなかった。
11月に雪が降らなかったのは100年以上ぶりらしく、ほんとに温暖化しているらしい。でもすでに十分寒いです。
今日の最高気温は1度、今週末は最高気温が-4度という、今まで体験したことのない世界が待ってます。
さすがにダウンを着ないとやばくなってきたので、そろそろ着ます。手袋と帽子とマフラーも必須です。ユニクロの股引を持ってきてるので、それもそのうち使います。

先日、すごいものを見つけてしまいました。google earthのstreet viewで実家を見てください。すごいです。すごいタイミングです。間違いありません。

クリスマスパーティー

12月6日(日)晴れ 寒い 1℃

昨日はクリスマスパーティーだった。病院の胸部外科主催のパーティーで、ラボのメンバー以外にも病院のスタッフ、レジデント、他科のドクター、医局の秘書、病棟やICUのナースなど実に大勢の人が来ていた。軽く100人以上はいたと思う。大半が妻または恋人同伴だった。日本人は小さい子供がいる人ばかりなので、ほとんど単身だった。

パーティーはリゾートホテル最上階のフロアを貸し切って行われ、オンタリオ湖を含むトロント市内が一望できる眺めは抜群で、雰囲気もよかった。席は自由に座れるようになっていて一応ちゃんとしたコース料理がでる。あまり豪華ではなかったけど。ワインは飲み放題で、ビールなんかはその場でお金払って買うようになっていた。
ラボのメンバーはなんと参加費無料であり、どうも自分のボスが払ってくれているようだった。これは嬉しかった。
最初にボス(教授)の挨拶があったが、最近の医療情勢や今年の科の売り上げ、事故がなくて皆に感謝など、日本とほぼ同じような挨拶であり、こういうのは世界どこ行ってもあまり変わらないんだなと思った。

8時に始まりディナーが終わったあとは、ビンゴみたいなちょっとしたイベントがあって、そのあとは音楽がかかって、何人かの人達が踊っていた(チークじゃなくて、いわゆるディスコ?みたいな感じ)。1時くらいまで続くようだったが、僕らは11時半くらいに帰った。
日本のおやじくさい忘年会とは違って、洗練された感じでみな自由に楽しむ雰囲気だった。
こういう大きな会は年に1度だけみたいなので、いい経験であった。

今日はまたプールにでも行ってみようかね。

運動開始

12月5日(土) 晴れ 今までで一番寒い 1℃

最近運動不足なので、久しぶりにランニングでもしようかと思いたった。
トロントに9月24日夕方について、25日の朝、26日の朝とトロント市内をランニングして以来である。思えば、あのときはなんか新しい生活ってことで気合いがはいってたなあ。それが今では・・・。ユーチューブは禁止にすることにした。
元気よく外に飛び出したら、ものすごく寒い。走ってたら暖かくなるだろうと思って、家の前から近所の公園に向かって走り出したけど、すぐに冷気が肺に突き刺さって痛くなってきた。学生時代、部活で真冬に外を走っていたときのことを思い出した。外走るっていったら、部員達がやたら風邪とかいって休んだものだった。
あのときは寒くても走っていられたけど、あれからすでに12年。体は正直なもので10分もたったらすぐにばててしまった。でも歩くと寒いので、しょうがないからゆっくり走って家まで帰った。
コンドに帰ってきたところで、このコンドにはランニングコースがあるんだということに気がついた。2階に1週80mの半分屋外のランニングコースがあるのだ。10分だけではあんまりなので、ここを走ろうと思って行ってみた。そこはちょっと寒いくらいのランニングにはちょうどよい気温であり、地面も走りやすいようになっててなかなかよかった。10周ほど走ったところで、プールにも行ってみることにした。室内プールはホテルのプールのようにきれいで、天井も壁もガラス張りになっていて外の景色がよく見える。長さ12mくらいと小さいが、25m泳ぐと後半おぼれそうになる僕にはちょうど良いくらいの長さだった。カナダ人のおばあさんが一人だけゆっくり泳いでいた。
プールサイドにはジャグジーがあって、そこにつかって外を眺めると温泉に入っているような気がして、久しぶりに極楽気分を味わった。更衣室にはなんとサウナまである。ジムも整備されていて、ちょっとしたスポーツジム以上の設備だった。さすがに家賃が高いだけのことはある。ここは毎週利用しよう。

今日はこれからラボのクリスマスパーティーに行ってきます。これはハーバーフロントのホテルで行われ、みなさん妻や恋人を伴って、正装で来るようです。どんなものか今から行ってきます。

冬到来

11月30日(月)寒い

今日の最高気温は4度、今年はこれまでまれに見る暖かさだったそうで、これから本格的に寒くなってくるみたいだ。
九州で4度といったら大ごとだったように思うが、こちらでは4度でもそんなに寒くないような気がする。実際、僕の服装は半袖Tシャツの上に薄手の長袖Tシャツ、そしてエディバウアーのポンチョだけである。このポンチョも日本でで9月に買った物なので、薄くて風を通さないというやつで、綿とか入っていない。とりあえずこれでもやっていける。ダウンは-5度くらいまでとっとこうかなと。やせ我慢するわけではないけど。
前も書いたが、建物の中は暖かくて、キャミソールの女とかいたりする。セーター着てる人とかほとんどいない。

さて、ようやく実験を開始しようかというところまで来たが、ここにきて自分のテーマと関係ない実験の手助けを強要されそうになっている。これが結構大変そうで、本来の実験に支障を来しそうな気がする。しかも、手伝っても僕にはなんのメリットもないみたいだ。こちらの人達は日本人は頼めばなんでも文句言わずにやってくれると、なめてるところがあるので、この際、ビシッと言ってやろうかと思ってる。
お金くれるか、それ以外の何かないとまじめにやらないよと。
英語で交渉するのはちょっとハンデがあるけど、言いたいことだけでも言ってやるつもりです。

どうなることやら。

プロフィール

おいらいおおん

Author:おいらいおおん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。