スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッキー旅行 おまちかねの後編

ロッキー旅行の後編です。

書き忘れていましたが、8月20日、長女が無事1歳になりました。ロッキーでささやかなお祝いをしました。
トロントに帰ってきてから父をうちに招いて手巻き寿司パーティーをして再度祝いました。

VIA鉄道(バンクーバーからトロントまで4日ほどかけて走る横断鉄道)と
R0012221_convert_20100828123353.jpg

この日から外食はやめにして、トロントから持ってきていた炊飯器でお米を炊いて、スーパーで買ってきたお総菜(シチューやサラダなど)をおかずにして夕食をとるようにしました。レストランではたいてい子供たちが騒ぎまくって周りから白い目で見られながら、大急ぎで交代で食事をしていたため、あまり味わうことができてませんでした。自分たちで作ってホテルで食べるほうが、ずっと気楽でしかもおいしかったです。こちらは果物が異常に安いので、ブドウやブルーベリーなど毎食、腹一杯食べることができます。巨峰を数えて分けていた日本がうそみたいです。父も果物の安さに驚いて、食べまくっています。

8月24日 快晴 ちょうどよい気温
午前中、近くのアネッテ湖へ行き、周囲を散策。1周2.5kmをゆっくり回りました。人が少なく、静寂に包まれて、最高のハイキングでした。途中、巨大なエルクに遭遇し、あまりの大きさに驚きました。熊がでてこないかとびくびくしましたが、そのスリルも楽しかったです。

アネッテ湖 本当にきれいで静か 
R0012255_convert_20100828123530.jpg

二頭のエルク 間近で見ると本当にでかい 奈良の鹿の3倍くらい
R0012259_convert_20100828123811.jpg

アネッテ湖畔で昼食(おにぎり)、最高に気持ちいい
R0012304_convert_20100828124101.jpg

その後、フェアモントジャスパーという最高級ホテルを見学しました。外観も中身もとても豪華で、ちょっと入ったトイレも今まで見たことがないくらいきらびやかで、手ぬぐいが積まれ、ローション、爪研ぎ、モンダミンなどもいっぱい置いてあったため、思わずいくつかいただいてしまいました。自分の貧乏性がいやになりましたというか本当に貧乏なのでしょうがないかなと開き直りました。

午後は車で1時間ほどのマヤッタ温泉にいきました。どんどん山の中を進んでいって、どんな秘湯が待っているかと思いきや、風情も何にもない屋外プールでした。こちらは温泉と行ってもみためは温水プールと全く同じで、しかも水着着用なので、温泉という感じはしません。ちょっとがっかりでした。でも、温泉の後にみんなでアイスを食べたのは気持ちよかったです。
長男はなぜか知らないけど、「まやってない温泉は?」と何度も聞いていました。

マヤッタ温泉
R0012324_convert_20100828124258.jpg

8月25日 快晴 暖かい
この日は3泊したジャスパーを後にして、再びバンフへと向かいました。行きと同じ道で、来るときは寄れなかったスポットをいくつか見ながらのドライブです。

ロッキーの雄大な眺め
R0012351_convert_20100828124526.jpg

ボウ湖 湖畔でしばしくつろぎました。ここも絵はがきのようにきれいでした

ストローラーを押す母
R0012371_convert_20100828124739.jpg

踊る長男
R0012397_convert_20100828124952.jpg

この日はバンフのど真ん中のホテルに宿泊しました。
この日まで夜は21時くらいには寝ていたので、星を見ていないことに気付き、急遽ナイトツアーをすることにしました。暗い中、山にいったり川に行ったりしましたが、思ったほど星は見えませんでした。バンフの街が明るすぎたようです。

8月26日

最終日、早起きしてバンフからカルガリー空港まで移動し、トロントに帰ってきました。家に着いたのは21時くらいでした。みんな疲れていてすぐ寝てしまいました。


7泊8日という今までしたことがないような長旅でしたが、みんな元気で、心ゆくまでカナダの大自然を堪能できました。いつか(老後にでも)ぜひまた来たいです。



スポンサーサイト

カナディアンロッキー旅行記

8月19日から26日にかけてカナディアンロッキー(バンフ、ジャスパー)へ家族旅行に行ってきました。
カナダに来てから初めての遠出でした。
幼い子供二人を連れての長旅(7泊8日)は結構不安でしたが、素晴らしい旅となりました。

8月19日(木)
朝5時に起きて9時の飛行機でトロントから4時間かけてカルガリーへ。
時差が二時間あるので11時に着きました。
空港でレンタカーを借りて、バンフへ。景色がだんだんカナダらしくなってきます。地平線までまっすぐ続く道をドライブするのは爽快でした。
2時間半ほどでバンフに着きました。バンフは小さな街で、観光客が日本人も含めていっぱいいます。
ホテルはなんと最高級のフェアモントバンフスプリングス!!。
日頃、節約節約の毎日なので、こういうときはと奮発しました。

ホテルのレストランでステーキを食べてご満悦。
R0011818_convert_20100828112033.jpg

山の中にたたずむお城のようなホテル
中もお城のようでした。
R0011833_convert_20100828121135.jpg

鎧やらあります
R0011846_convert_20100828120835.jpg

8月20日(金)
朝食をホテルでとり、チェックアウトしてまずはボウ滝へ。
次に、車で1時間ほどのところにあるレイクルイーズへ。ここは昔から一度きてみたかった念願の場所。
素晴らしいのひとこと。
昔、地理の教科書でみた写真そのまま。感激でした。

レイクルイーズ、エメラルドの湖の奥に氷河を抱いた山々
R0011893_convert_20100828121549.jpg

ボウ滝
R0011886_convert_20100828121354.jpg

その後、バンフに戻ってきて、ゴンドラに乗ってサルファー山の頂上へ
頂上はかなり寒かった。飛び跳ねるてっち。
R0011940_convert_20100828121735.jpg

寒そうなあやちゃん
奥にみえる別の頂上まで歩いて20分。てっちと二人で登ってきました。往復全部自力で歩いた長男、偉いです。
R0011946_convert_20100828121913.jpg

ゴンドラからの風景
R0011972_convert_20100828122056.jpg

今日の宿はアスペンロッジ。フェアモントはさすがに一泊のみで、同じバンフ泊ですがちょっと安い宿に移動しました。でもここもかなりよかったです。バンフの街を散策などしました。なんかトロントよりもよく日本人に会いました。夕食はイタリア料理屋(なぜ?)、子供達が泣き叫んで地獄でした。

8月21日(土)
モレイン湖、エメラルド湖へ
このふたつの湖、レイクルイーズに劣らない美しさ。

モレイン湖の湖畔にたたずむ長男
R0011996_convert_20100828122245.jpg

エメラルド湖、色はまさにエメラルド。周囲をのんびり散歩。まるでおとぎ話の中に入ったよう。
R0012020_convert_20100828122511.jpg

アスペンロッジに連泊。夕食は日本料理のレストランへ行きました。久しぶりの日本食に天ぷら、カツ丼、とんかつなどを注文してしまいました。味はなかなかよかったのですが、当然のようにチップ15%を請求されたのと、長男が騒いだのを注意されたのとで、印象はあまりよくなかったです。

8月22日(日)
バンフを離れてジャスパーへ。バンフからジャスパーへ至る道(250km)のドライブは絶景の連続でした。いよいよロッキー山脈の中に入っていくという感じがしてわくわくします。
途中、長男がおしっこと騒ぎ出し、しょうがないので道の途中でたち小便をさせました。そのあと、2kmほどいくと、車が何台か止まって道の脇を指さしているではありませんか。そちらをみると・・・、なんと野生の熊出現!!小熊でしたが、おしっこしたところからわずかのところに熊がいるとは・・・。危ないところでした。さすがロッキー。

途中のペイト-湖
R0012107_convert_20100828122837.jpg

ジャスパーはバンフよりさらにこじんまりとした街でした。
トンキンインに宿泊し、そこのレストランでアルバータ牛を食べました。評判の店らしいけど、はっきりいって佐賀牛のほうがおいしいです。本物志向の長男はあまり食べませんでした。


8月23日(月)
近くのピラミッド湖へ。誰もいない静かな湖で、長男が砂浜で遊んでいると湖の向こう岸からカヌーに乗った親子がやってきました。長男はさっそく男の子に話しかけ、棒きれなど渡していました。

ピラミッド湖
R0012164_convert_20100828123113.jpg


今日は眠いのでここまで。
またそのうち続きを書きます。

中華街で餃子

8月1日(日)28度 暑いけどやや涼しさあり

昨日は父と中華街で餃子を食べてきました。餃子楼という、トロントの日本人の間ではまあまあ有名な店です。
17時に行ったのに店内は結構込んでいて、その後もずっと客が待っている状態でした。
焼き餃子と水餃子と麺を頼みました。どれも美味しかったけど、僕としては日本で食べた餃子のほうがいいかなという感じでした。なんか大味で繊細さが感じられません。皮はぱりぱりでおいしかったけど。
それと、酒がなかったのが残念でした。トロントでは酒の免許が結構うるさいらしく、酒を出せない店が多くあります。事前にチェックしないと、入ってから後悔することに。
父はそんなこともあろうかと思ったのかどうか知らないけど、ホテルで十分飲んでから来たみたいでした。
ビールのない餃子屋なんて、僕は二度と行かないでしょう。

明日はなんと祝日なので、久しぶりにレンタカーで遠出(初めて)してみようと思います。
三時間ほどのところにあるアルゴンキン国立公園に行ってみます。ここは面積なんと東京都の3倍です。
日本とは規模が違います。熊とかムースとか普通にいるようです。ハイキングコースなんかも三日コースとかそういう感じです。
プロフィール

おいらいおおん

Author:おいらいおおん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。