スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保育園、子供の名前など

ここ数日、トロントの保育園について調べている。
カナダでは4歳になる年の9月から幼稚園に入るが、その前の子供は保育園になる。親が共働きとか、いろんな理由で保育園に子供を預ける。
うちは特に共働きではないので、保育園は別にいらないと思っていた。日本でもこちらでも。
子供ができる前は、保育園だけでなく幼稚園さえあまり必要がないと思っていた。というのは、親と一緒にいる時間が長い方がいいし、必要な教育はうちでもできるからと。
しかし、子供には様々な刺激が必要で、刺激の乏しい単調な環境にいたら成長はないということに気がついた。神経細胞は刺激を受けることによってシナプスを延ばし、ネットワークを作る。様々な刺激があればより複雑なネットワークができるし、そうやってできた回路はその人の潜在能力を決めることになる。単純な回路では発想が豊かな人とか、創造性に富んだ人というのはできないであろう。
一生のうちで最も成長し、可能性に満ちている3歳児の時期に、より多くの刺激を与えて、可能性を広げてあげたいと思う。
保育園や幼稚園というのは、うちのなかでは得られない様々な体験がある。子供は親からよりも同世代の仲間からより多くの刺激をうけるという。確かに親に言われるよりも、こいつはすごいと思う仲間にであったときに、自分の向上心というのは高められると思う。人にできて自分にできないことがあれば、それを克服して追いつこうと思う。さらにここは異国であり、様々な人種が暮らしている。言葉も違う。そういった環境にいきなり放り込まれたらうちの子供がどうなるのか、とても興味がある。これほどの刺激はなかなか体験できないんじゃないかと思う。
そういうことを考えながら保育園を探している。
トロントの保育園はとても高くて、フルタイム(月から金、8時から16時)で月9万くらいする。薄給の身としてはとても預けられない。さらにどこの保育園もいっぱいで半年とか待たないと入れないらしい。週に2.3回でいいのにとか思うけど、そうするとかえって難しいらしい。というのは、入園できる児童数、それに必要な職員数は決まっているので、月水金だけとかいうと、じゃあ火木だけの人をみつけてきなよ、とかいうことになる。
とりあえず、家の周りにある保育園に片端から申し込んでwaiting listにのっけてもらうことにした。
ありがたいことにトロントには保育費の補助制度がある。月に5万円くらいくれるらしい。この制度をうけるにはいろいろ制限があり、うちが受けれるかよく分からないが、これにも応募してみることにした。
しかし、これは人数制限があり、空きがないと回ってこない。つまり、ここでもwaiting listにのせられ、数ヶ月または数年しないと自分の番が回ってこない。だから、トロントの人達は妊娠したら応募するとのことだった。でも、応募用紙には子供の名前とか書く欄がある。これどうしてるんだろう。
みんな生まれる前に決めてるんだろうか?それともjohnとか適当に書いといて、あとで違ったとかいって訂正するんだろうか。
とりあえず名前つけてたら、生まれたあと真剣に考えなくなってしまって、まあjohnでいいか、いい名前だし。とかいうことにならないだろうか、と心配してしまう。
あとから子供に名前の由来を聞かれたときに、とりあえずつけた名前だよとは言えないし。
ということで、名前にはきちんとした由来、両親の願いとかがやっぱり必要だと思う。
うちの子の名前の由来は・・・。

ようやく1週間が終わった。なんか今週は長かった。
週末は何しようか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

幼稚園

言葉がわからない子供同士でも不思議に分かり合えるのよね!私も大人の中だけで育つより子供同士刺激を受けながら育つほうが良いと思います。

そうだねぇ・・・

待機児童問題はカナダも一緒なのね・・・
3歳から幼稚園に行った(行かされた?)身としては、あまりいい思い出がなく、複雑。
確かに刺激を受けれる環境は必要だと思うけど・・・
プロフィール

おいらいおおん

Author:おいらいおおん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。